クリップスタジオ:線画を描くときのツール・キレイな線を描くコツ

クリップスタジオの使い方

クリップスタジオでの線画を描くときのツールとキレイな線を描くコツを解説します。


この記事では

1.線画を描くときのツールの解説
2.キレイに線を描くコツ

を知ることができます。

スポンサーリンク

線画を描くときのツール

ペンツール

一般的に線画を描くときに使うツールと言えばこのペンツールです。

線を描くときの強さで線の太さが変わるのが特徴です。

筆圧をつよくかけると太い線が、筆圧を軽くかけて描くと細い線になります。

マーカー

太さが一定の線を描きたいときは、マーカーをつかいます。
ポップなイラスト向きのペンです。

連続曲線

全くブレのない線を描きたいときは、図形ツールの直接描画にある、連続曲線がおすすめです。

ペンタブではなくマウスのほうが描きやすいです。

 

キレイな線を描くコツ

手ブレ補正の数値を変更してみる

きれいな線が描けないときは、ペンツールを選択時、ツールプロパティにある手ブレ補正の数値を変更してみます。

0~100の間で設定しますが、100まで上げてしまうと、線を描いたときに遅延がおきてしまいます。

ゆっくり、じっくりと線を描くときだけ数値をあげて描き、それ以外のときは数値を10以下にしておくといいとおもいます。

拡大・縮小ツールをつかう

描きにくい長さの線だなとおもったら、こまめに拡大・縮小をして、描きやすい長さに調節します。

キャンバスを回転させる

描きにくい角度の線だなとおもったら、キャンバスを回転させて、描きやすい角度に調節します。

ほとんどの人は上から下方向への線、そして右利きの人は左回りの曲線が描きやすいはずです。

ですから、描きにくい角度の線だなとおもったら、キャンバスを回転させて上から下方向の線に、または左回りの線に調節すればいいわけです。

ナビゲーターパレットの下の方にあるアイコンで操作します。


キャンバスの左下にも同じものがあります。

ベクターレイヤーで連続曲線を使って描く

どうしてもうまく描けない線にぶち当たったら、その線だけ図形ツールにある連続曲線ツールを使って描き、乗り切りましょう。


連続曲線ツールを使うときはベクターレイヤーで描くことをおすすめします。


線を描いたあとからctrlを押しっぱなし+ドラッグで線を動かせますので、納得いくまで調整できます。


微調整がおわったら、ベクターレイヤーを線画レイヤーの上に置き、下のレイヤーに結合を選択すると結合されます。