Inoreaderの使い方⑦Webページの保存

Inoreader

InoreaderでWebページを保存する方法の解説記事です。

 

・すごく大事なことが書いてあるから何度も繰り返し読みたい記事
・今は時間がないからあとでゆっくり読みたい記事

 

などを保存しておく方法を解説します。

 

気になる記事をみるたびにブラウザにブックマーク登録していたら、サイトが増えていく一方です。

今見ているこの記事を保存しておきたい、といった記事単位での保存をしたいときには、Inoreaderに保存しておくと便利です。

スポンサーリンク

Web版

サイトを閲覧中に保存する

ブラウザでWebサイトを閲覧中に、記事を保存したいとおもったら、拡張機能のボタンをクリックします。

 

ブラウザの拡張機能を追加する方法はこちらの記事を参照

 


 

Save this page をクリックします。

 


 

Inoreaderメニューの”保存したウェブページ”に保存されています。

 

アドレスを入力して保存

 

Webサイトを表示中にアドレスをコピーします。

 


 

Inoreaderの”保存したウェブページ”を右クリック>”ウェブページを追加”をクリックします。

 


 

アドレスを入力してウェブページの保存をクリックすると保存されます。

 


 

記事を削除したいときは、赤で囲まれたところをクリックします。

 


 

”記事を削除”をクリックすると、削除されます。

 

Inoreaderの購読アイテムの記事を保存する

 

Inoreaderで記事を読んでいるときに、この記事を保存したいとおもったらスターボタンをクリックします。

 


 

メニューの”スター付き”に保存されています。

 

スマホ版

サイトを閲覧中に保存する

Safariブラウザでサイトを表示中に、共有ボタンをタップします。

共有ボタンをでInoreaderをつかえるようにするにはこちらの記事を参照

 


 

”Save as web page”をタップします。

 


 

”保存したウェブページ”に保存されています。

 

Inoreaderの購読アイテムの記事を保存する

 

Inoreaderで記事を読んでいるときに、この記事を保存したいとおもったらスターボタンをタップします。

 


 

メニューの”スター付き”に保存されています。